東海地方で春一番 昨年より4日遅く

名古屋地方気象台は20日、東海地方で「春一番」が吹いたと発表した。昨年より4日遅い。

春一番は、立春から春分の間に吹く暖かい南よりの風のうち最初のもので、発達中の低気圧が日本海を通過する時に起こる。東海地方では、津・名古屋・岐阜・静岡のうちいずれかで最高気温が平年値を上回り、最大風速8メートル以上の南寄りの風が吹くなどを条件としている。

この日、午後3時までの最大風速は、津では4・8メートルの北東の風だったが、静岡では8・3メートルの南西の風を記録した。名古屋は北北西の風3・1メートルだった。最高気温は津では11・9度、静岡は17・2度、名古屋は14度だった。