男性被告人が単独室で死亡 三重刑務所、自殺か

三重刑務所(三重県津市)は18日、収容中の30代の男性被告人が単独室で死亡したと発表した。自殺とみられる。

刑務所によると、17日午前7時40分ごろ、長袖Tシャツの右袖裾と右袖の腕部分を結んで輪状にし、輪の中に首を入れ、さらにTシャツの余剰部分を首に巻き付けて布団にうつぶせの状態になっている男性を職員が発見した。救急隊が駆け付けたときには既に心肺停止しており、午前8時50分ごろ、刑務所医師により死亡が確認された。

小林聡所長は「このような事故が発生したのは遺憾。被収容者の動静視察、心情把握を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。