超軽量の電動3輪 東京のFuture、鈴鹿で製造 市長に披露 三重

【メイドイン鈴鹿製の超軽量電動バイクに試乗する末松市長(中央)=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市住吉町の工場で3月から本格的に超軽量電動バイクの製造を始めるFuture(東京都)の井原慶子社長(47)と鈴鹿工場の藤井充工場長(45)が18日、同市役所を訪問。メイドイン鈴鹿製の小型電動モビリティ「GOGO!」を末松則子市長に披露した。

井原社長はレーシングドライバーとしてカーレースの世界耐久選手権で女性で初めて表彰台に立った。藤井工場長もレーシングドライバーの経験を生かし、エンジニアとして自動車造りりに取り組んできた。昨春から開発を開始。昨年10月に会社を設立し、今年1月から受注生産を始めた。

車両は3輪で1人乗り。車体にはレースで使うカーボン素材を使用し、重さは約20キロと軽く、女性や高齢者でも扱いやすいのが特長。前輪が2輪のため安定性が高い。

取り外しできるバッテリーは家庭の電源で充電できる。最高時速は30キロで、満充電での最大航続距離は30キロ。普通自動車運転免許証で運転できる。2車種あり、メーカー希望小売価格(税別)は26万円から。300台まではデビュー価格として19万8千円から。

鈴鹿工場は年間2400台程度生産可能なラインを設置。正式稼働後は月産百台を目指して量産体制に入る。

井原社長は「開発コンセプトは『女性でもシニアでも乗れる』。操縦感覚は自転車に近い。いろんな人に乗ってほしい」と話した。

試乗した末松市長は「ニューノーマルな時代に適したモビリティ。みなさんに愛される乗り物になってほしい」と期待した。