「失業なき労働移動」を 連合三重、県にコロナ対策要請

【シトラスリボンのバッジを鈴木知事(中央)に手渡した吉川会長(左)ら=三重県庁で】

コロナ禍で格差が広がっているとして、連合三重は16日、産業振興による雇用創出や悩み相談の充実などを求める要請書を三重県に提出した。医療機関や物流業者に対する支援なども求めた。

要請書は「新型コロナの流行によって活動が制限され、雇用や所得は極めて厳しい状況」と指摘。「全ての雇用と生活、命を守る対策が急務。経済対策や事業承継の支援が必要だ」と訴えた。

その上で、在籍出向をはじめとする「失業なき労働移動」の実現に向けた支援を要請。医療機関や介護施設が従業員らに実施した検査の全額公費負担や子ども食堂への支援なども求めている。

今年の春闘に伴う要請書も併せて提出。「経済再生には雇用の確保や所得の向上が不可欠」とし、長時間労働の是正や均等待遇の実現に取り組むよう要請。デジタル技術の普及に向けた支援も求めた。

この日、吉川秀治会長が県庁を訪れ、鈴木英敬知事に要請書を手渡した。「中小企業や社会的弱者は感染拡大の影響を多分に受けている。支援に関する情報発信にも努めてもらいたい」と述べた。

鈴木知事は「残念ながらコロナとの闘いはしばらく続く。影響を受けた企業や弱者にしっかりと寄り添っていく。刻一刻と変わる状況では、現場の声が大変に重要。しっかりと反映しながら進める」と語った。

また、吉川会長らは連合三重がコロナ禍で優しさを広げる「シトラスリボンプロジェクト」に取り組んでいると紹介し、リボンのバッジ百個を県に寄贈した。県は職員に配布するなどして啓発に活用する。