伊勢の80代女性 710万円だまし取られる 訴訟取り下げ名目 三重

【伊勢】伊勢署は15日、三重県伊勢市内の80代無職女性が訴訟取り下げなどを名目に現金710万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。特殊詐欺事件とみて調べている。

同署によると、昨年11月中旬ごろ、女性方に「介護施設に入居する権利があるので譲って欲しい」と電話があり、女性が承諾すると別の男が「刑事問題として告訴する。150万円払えば許す」と現金を要求。女性は11月28日ごろ、自宅を訪れた男に現金150万円を手渡した。

その後も要求が続き、女性は12月19日までに3回にわたって現金合計710万円を支払った。その後、「供託金」名目で返還を約束されていた現金が振り込まれなかったことから、同署に相談して発覚した。