鳥羽水族館 ハートの野菜プレゼント バレンタインデー、アメリカビーバーに 三重

【岩出さんからバレンタインのプレゼントをもらうアメリカビーバーの「シーポン」=鳥羽市の鳥羽水族館で】

【鳥羽】三重県鳥羽市の鳥羽水族館で14日、バレンタインデーに合わせてアメリカビーバーの「シーポン」(雄、8歳)に、担当飼育員の岩出祐子さん(41)からハート形にくり抜いた大好物のニンジンやサツマイモが贈られた。

平成24年に同館で生まれたシーポンは、食いしん坊で人なつっこい性格。普段はバックヤードで暮らしているが、不定期で行うふれあいイベントなどで活躍している。動画投稿サイト「ユーチューブ」の同館の公式チャンネルで、散歩する姿がかわいいと一躍人気者になったという。

今回は、8年にわたり散歩やふれあいイベントを頑張るシーポンに特別なプレゼントを贈ろうと、岩出さんが心を込めて準備した。

この日は、ビーバー水槽前で岩出さんがハート形のニンジンとサツマイモをプレゼント。おいしそうに食べるシーポンの愛らしい姿を来館者らがカメラに収めていた。イベントの様子は、コロナ禍で来館できない人のためにユーチューブ上でライブ配信された。

岩出さんは「これからも元気に皆さんの前に出てほしい」と話していた。