花と昆虫、幻想的に表現 伊勢で坂倉さん写真展

【花と昆虫などを幻想的に表現した写真と坂倉さん=伊勢市宇治今在家町の太閤餅ギャラリーで】

【伊勢】三重県伊勢市宇治今在家町の太閤餅ギャラリーで、同市河崎のアマチュア写真家、坂倉隆さん(83)の写真展「ほっこり写真集」が開かれている。3月30日まで。

坂倉さんは写真仲間の影響で約20年前から撮影を始めた。同市や近隣の公園、お寺など花の咲く場所に出掛け、マクロレンズを使って花に昆虫が止まった瞬間をカメラに収めている。

今回は坂倉さんにとって初めての個展。被写体を際立たせるように背景を優しくぼかし、幻想的に表現した21点を展示した。

木漏れ日が差し込む池で撮影したハグロトンボ、カモミールに止まったテントウムシ、フジバカマで羽を休めるアサギマダラなどのほか、アジサイの花から顔を出すカエルを捉えた作品もあり、訪れた人の心を和ませている。

坂倉さんは「気に入った虫と花を撮影できた時の喜びは格別。これからも撮影を続けていきたい」と話していた。