21日に新図書館に向けフォーラム 亀山で市民団体

【亀山】三重県亀山の市民団体「より良い図書館をめざす会」(中嶋千絵代表)は21日、同市羽若町の市総合保健福祉センターで、令和5年1月オープン予定の新図書館がテーマの「図書館フォーラム」を開き、市民の参加を呼び掛けている。午後1時半―4時。参加無料。

JR亀山駅前の複合ビル内に入る新図書館は、「学びの場からつながる場へ」を基本理念に、開架図書エリアのほか、亀山の歴史文化などを発信する「地域発信エリア」や講演会や学習会、ワークショップなど多目的に利用できる「交流エリア」、家族が過ごせる「親子・児童エリア」など、多様な市民参加型図書館を目指している。

フォーラム当日は、市内在住の画家や県立高校の図書館司書など3人が、それぞれの立場から、新図書館への期待と可能性について提案し、参加者らと意見交流する。同会の川辺一弘さんは「市が求める魅力のある図書館にするためにも、フォーラムに参加して新図書館について考えましょう」と呼び掛けている。

問い合わせは川辺さん=電話090(8954)1526=へ。