新たに9人感染1人死亡 三重で新型ウイルス

三重県は12日、10代―80代までの男女計9人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者が10人を下回るのは2日連続。県内の感染者は延べ2370人となった。

また、四日市市は新型コロナウイルス感染症で県内の医療機関に入院していた60代男性が11日に死亡したと発表。入院当初は軽症だったが、容体が悪化したという。県内感染者の死者は42人となった。

県によると、新たに判明した感染者は津市で4人、伊勢市と志摩市で各2人、四日市市で1人。志摩市と四日市市の2人は周辺に感染者が確認されず、今のところ感染経路が分かっていない。

このうち津市に住む70代―80代までの男女4人は、クラスター(感染者集団)の発生が確認されていた津市内のカラオケ喫茶を利用していた。この店舗で判明した感染者は15人となった。

鈴木英敬知事は12日のぶら下がり会見で、カラオケの設備を設けている県内の約900店舗に対し、来店者の把握や感染防止対策の徹底などを求める文書を10日付で発送したことを明らかにした。