県高校新人ラグビー再開 松阪など準々決勝へ 三重

ラグビーの全国高校選抜大会予選を兼ねる三重県高校新人大会は11日、鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿で再開。1回戦残り2試合があり、松阪と津工・鈴鹿合同の2チームが14日の準々決勝進出を決めた。準々決勝のカードは津西・四日市―松阪、木本―津工・鈴鹿に決まった。

新型コロナウイルスの影響による日程短縮で今回は準決勝を行わない。最終日の20日には、決勝で大会第1シードの朝明と第2シードの四日市工が対戦。また準々決勝2試合の勝者同士による3位決定戦を予定している。すべて無観客試合。