水族館動画、もっと楽しんで 伊勢シーパラきょうから、ユーチューブ有料配信へ 三重

【11日から始まるオンライン配信サービスをPRするツメナシカワウソの「ひらり」(伊勢シーパラダイス提供)】

【伊勢】三重県伊勢市二見町江の水族館「伊勢シーパラダイス」は11日から、動画投稿サイト「ユーチューブ」のメンバーシップ制度を活用し、同館や生き物たちの魅力をより深く楽しめるオンライン配信サービスを始める。

同館は平成24年から、水族館や動物の魅力を発信し、興味を持ってもらおうとユーチューブ公式チャンネルで動画配信を始め、飼育員にしか撮影できない面白い映像、動物の出産や成長、バックヤードでの様子などこれまで1000本以上の動画を投稿。昨年、新型コロナウイルスの影響で営業を自粛していた期間中に動画再生回数が一気に増加し、今年2月には登録者数も3万400人となった。

今回は目標にしていた登録者数3万人を超えたことで新たな取り組みを企画。視聴者が毎月料金を支払うことにより、チャンネルを提供している施設やクリエイターを支援することができる制度「メンバーシップ」を活用し、3カ月限定で月3回ほど配信する予定。月額料金は590円(税込み)。収入は全て水道光熱費や餌代、施設改修費などに充てるという。

初回は11日午後5時から、田村龍太館長への質問コーナーを配信。今後も飼育員が同館を案内するオンラインツアーや人気の生き物たちの普段の様子などを紹介予定。同館の公式チャンネルにある「登録」ボタン横の「メンバーになる」ボタンから参加できる。

広報担当の岩山慎さん(37)は「お客さまに意見をもらいながら一緒にオンライン水族館のコンテンツをどんどん充実させて持続継続できるものを作りたい。コロナ禍で水族館に来られない人にも楽しんでもらえれば」と話した。