亀山市 事業継続向け支援金 コロナ融資受ける事業者に 三重

【亀山】亀山市は16日から、コロナ関連の融資による資金繰りを行っている市内の事業者に対して、事業継続の後押しとして、法人に20万円、個人事業者に10万円の支援金を支給する「事業継続緊急支援制度」の申請を受け付ける。期間は3月15日まで。

対象は、昨年2月1日から今月28日までに、県中小企業融資制度や商工組合中央金庫などからコロナ関連の融資を受けている事業者で、業種は問わないとしている。

市は、約400件の申請を見込み、地方創生臨時交付金を財源に、6400万円を令和2年度補正予算案に計上。15日開会する市議会臨時会に上程する。市総合政策部財務課担当者は「コロナ禍の中、地域経済への影響が長期化する中、事業の継続に向け支援制度の活用を」と呼び掛けている。

問い合わせは同財務課=電話0595(84)5030=へ。