三重県 農林水産業者と観光地支援 抽選で高級食材や旅行券

【ぶら下がり会見で、高級食材などを贈るキャンペーンを発表する鈴木知事=県庁で】

三重県は9日、新型コロナウイルス感染症の打撃を受けた農林水産事業者と観光地を支援するため、2つのキャンペーンを実施すると発表した。県産品や土産物を購入した人に、抽選で高級食材や旅行券を贈る。

県によると、「食べて当てよう!みえの恵み応援キャンペーン」は、スーパーや直売所などの約300店舗で県産品を3点以上購入した人に対し、抽選で3千人に県産和牛や地酒、伊勢海老などを贈る。

「ちょっとそこまで!使って応援キャンペーン」では、県内観光地の土産物店や飲食店などで3千円以上の消費をした県民を対象とし、抽選で200人に県内で利用できる5万円分の旅行券を贈る。

いずれのキャンペーンも新型コロナの影響で売上げが落ち込んだ事業者への支援策として、先月19日に発表した「緊急支援パッケージ」の一環。事業費は合わせて7200万円。国の交付金で賄う。

鈴木英敬知事はぶら下がり会見で「事業者からは販売促進の支援を求める声も多く寄せられている。緊急警戒宣言が長期化する中、事業継続の資金が少しでも多く手元に入るよう応援したい」と述べた。

県産品が当たるキャンペーンの実施期間は10日から来月9日まで。旅行券が当たるキャンペーンは15日から来月26日まで。購入した商品のシールなどをはがきに貼り付け、指定の宛先に送付する。