フグの規制部位を販売 伊勢の直販施設で、1点流通 三重

【伊勢】三重県伊勢市は8日、市が運営を委託する直販施設「民話の駅蘇民」(二見町松下)で、食中毒の恐れから販売が規制されているヒレの付いたヒガンフグ1点が流通したと発表した。購入者が特定できていないことから、市は無線放送などを通じて口にしないよう注意を呼びかけている。

市農林水産課や伊勢保健所によると、商品は食品衛生法により販売が規制されている皮に分類される、背ビレや胸ビレの付いたヒガンフグ1点(販売価格2千円)で、開店した午前9時からトレイに入れた状態で5点を陳列販売していた。

同日11時ごろ、市内の魚介類販売施設を点検していた伊勢保健所職員の指摘で発覚。連絡を受けた出品者の鳥羽市内の加工業者が陳列されていた5点中4点を自主回収し、廃棄した。既に販売済みの1点については特定できていない。

蘇民の担当者は「フグの種類によって規制が異なり、ヒガンフグのヒレが皮に該当するという認識がなかった。今後はチェック体制を強化する」と話している。

市は購入者に連絡を呼びかけている。問い合わせは同市農林水産課=電話0596(21)5644=へ。