谷口(津トップSC)が女子2冠 競泳の三重県JOC杯開幕

競泳の三重県ジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会は6日、鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿水泳場短水路コース(25メートル)で開幕。新型コロナウイルス感染症予防のため無観客で行われ、性別・年齢別に実施した56種目の決勝のうち、15~18歳女子100メートル平泳ぎは中学3年の谷口華(津トップSC)が1分8秒38の県短水路新記録で優勝した。

谷口は同女子200メートル個人メドレーも県記録を上回る2分16秒27で制した。

例年3月に東京辰巳国際水泳場で開催の小・中・高校生の全国大会「ジュニアオリンピックカップ春季大会」の県予選を兼ねて開いている。

今年の全国大会はコロナ禍で既に中止が決まり、日本水泳連盟は代替措置として、各地で行う競技会の記録を集計してランキングを決める通信大会の実施を目指している。