津 「榊原温泉のお雛さま」始まる 町内10カ所で展示 三重

【ひな飾りが並ぶ会場=津市榊原町の射山神社参集殿で】

【津】三重県津市榊原町の各所にひな人形を飾る「第12回榊原温泉のお雛(ひな)さま」(榊原温泉振興協会主催)が6日、始まった。新型コロナウイルスの感染防止のため例年のスタンプラリーはないものの、町内の寺社や温泉旅館など10カ所にさまざまなひな飾りを展示する。3月3日まで。

榊原町を訪れるきっかけにしてもらおうと毎年開催。展示施設の一つで、射山神社参集殿には各地から寄贈された段飾りや地元園児が紙粘土や千代紙などで手作りしためおとびななど計約120体がずらりと並んでいる。

そのほか湯元榊原舘▽旅館清少納言▽神湯館▽湯ごり▽サンドセラピー砂羽▽湯の瀬▽おもてなし館▽林性寺▽金比羅山―で展示している。

同協会では「今年はスタンプラリーはないがそれぞれに施設を訪れおひなさまで春を感じて頂けたら」と話している。問い合わせは同協会=電話059(252)0017=へ。