関宿で家族記念写真を 結婚式の前撮りや七五三 亀山市など無料サポート 三重

【関宿街道沿いで結婚式の前撮りをする山下夫婦=亀山市関町で】

【亀山】三重県亀山市と市観光協会は、昨年9月から同市関町の重要伝統的建造物群保存地区「関宿」街道で、結婚式の前撮りや七五三など、思い出に残る家族の記念撮影を希望する人らに着替えや休憩施設を無料で提供する「メモリアルフォトサポート」を始めている。

同サポートは、江戸時代の風情を楽しめる関宿を多くの人に知ってもらい、観光PRにつなげるのが狙い。撮影当日の公共施設での使用交渉や街道での交通整理、駐車場の手配など無料で対応する。これまで6組のカップルが和装で結婚式の前撮りをしている。

4日には、津市あのつ台の結婚式場「シャトーラ・パルム・ドール」の依頼で、昨年9月に入籍し3月14日に結婚式を挙げる、四日市市在住の山下悠介さん(30)が紋付きはかまで妻の千裕さん(28)が白無垢(むく)の和装で街道沿いの軒先や関宿旅籠玉屋歴史資料館、地蔵院などで、同式場のプロカメラマンが結婚式の前撮りをした。

悠介さんは「ロケーションにふさわしいレトロな町並の関宿で記念写真を撮ってもらえてよかった」、千裕さんは「結婚式は洋装なので、白無垢を着ての写真は、いい思い出になりました」と話していた。

市観光協会の本間一也事務局長は「衣装やカメラマンは利用者で準備していただければ、誰でも利用できます」と呼び掛けている。

同サポートへの申し込み、問い合わせは市観光協会=電話0595(97)8877=へ。