森会長の女性蔑視発現 三重県知事「あってはならない」

鈴木英敬三重県知事は5日の定例記者会見で、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視の発言をしたとの批判を受けている問題について「あってはならない発言だと思う」と述べた。

鈴木知事は「価値観は人それぞれかもしれないが、発言を肯定的に受け取る人はほとんどいないのでは。あってはならない発言だと思う。性別によって発言の長さが違うというのは、あり得ない」と述べた。

その上で「組織委員会には『日本全体がそういうことではない』という打ち消しをしてもらいたい。女性が会議で発言を控えるようなことが、万が一にもないように対応してほしい」と語った。

一方、森会長が続投の意向を示したことには「悩ましいところ。オリンピックが今までにない形になるかもしれない状況でリーダーを変えるのが良いのかどうか。さまざまな方と相談されるのでは」と述べるにとどめた。