新型ウイルス 新たに29人感染 志摩のカラオケ喫茶でクラスター 三重

三重県は2日、未就学児から80代までの男女29人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。志摩市のカラオケ喫茶でクラスター(感染者集団)が発生。県内の感染者は延べ2232人となった。

県によると、新規感染者は志摩市で16人、津市と伊勢市で3人ずつ、四日市市、鈴鹿市で2人ずつ、桑名市、亀山市、玉城町で1人ずつ。桑名市、津市、伊勢市、志摩市の6人は感染経路が分かっていない。

このうち志摩市に住む60代―80代の8人は、市内にあるカラオケ喫茶の経営者や利用者。この店舗では先月30日に利用者1人の感染が判明したため、県が経営者や利用者を対象に検査を進めていた。

県は2日、この店舗を38例目のクラスターと認定し、接触者調査を進めている。市内では先月下旬にも別のカラオケ喫茶でクラスターが発生したが、県は「店舗間の行き交いはなかった」としている。

県立志摩病院(志摩市)の50代女性看護師は、2日にクラスターとなったカラオケ喫茶を利用した男性の家族。1日の検査で陽性と判明した。勤務先の病棟は15日まで入院患者の受け入れを停止する。

クラスターが発生していた鈴鹿中央総合病院(鈴鹿市)では、看護師1人と入院患者3人の感染が新たに判明。院内の感染者は76人となった。この看護師が勤務した病棟では66人が検査を受ける。