津市 新たな入居者を募集 都シティ津の営業終了で 三重

【津】三重県の前葉泰幸津市長は1日の定例記者会見で、津市大門の都シティ津(旧・津都ホテル)が今月末で営業を終了するため、新たな入居者の募集を来月1日に開始すると発表した。部分的な活用も含めて募る。

前葉市長は都シティ津の営業再開を断念したことについて「なんとかぎりぎりで進めてきたが、新型コロナウイルスの影響でとどめを刺された。幕を引くのは大変残念であり、経営に関わってきた人間として申し訳ない」と述べた。

営業終了後の施設の扱いについて「ホテル部分の一体的な活用を優先する」としつつ「コロナ禍でフルサービスでやってもらうのは容易ではない。分割して貸すのもありだと思う」との考えを示した。

次の入居者が決定するまでの間は、コロナ禍で販売の機会が減った事業者を支援する「津がんばるマルシェ」として利用する方針。レストランなどのスペースを無償で提供し、新たな出店に向けた挑戦の場や商談に使ってもらう。

市によると、都シティ津は市の第3セクター「津センターパレス」が筆頭株主の「津センター」が経営。近鉄・都ホテルズに運営を委託していたが、コロナ禍で需要の回復が見込めず、今月末で業務委託契約を終了することを先月29日の取締役会で決議した。