スピード “リンク無し県”から世界目指す 富田2種目入賞に安ど 三重

【スピードスケート成年女子3000メートル決勝 先頭を引っ張る富田裕香(三重)=岐阜県恵那市で】

スピードスケート成年女子で、大東文化大(東京)を卒業した昨年春、スポーツ指導員として県スポーツ協会に採用された富田裕香が、国内ランキングトップ10の記録を持つ3000メートル4位に加えて1500メートルでも3位に入りダブル入賞。「3000メートルの結果は正直悔しい」が、社会人1年目の国体で出場種目すべてで入賞し「まずは一安心」と胸をなで下ろした。

北海道、長野など練習環境の整った地域に競技人口が偏るスピードスケート界にあって出身は三重と同じ“リンク無し県”の茨城。小学時代、フィギュアスケートの浅田真央選手に憧れた事から氷上のスポーツに興味を持ち中・高校と陸上部に所属しながら県外のリンクで練習を重ねた。高校まで地元のスケートクラブで大人に混じって活動し「周りの人にかわいがってもらったことでスケートが好きでいられた」と話す。

得意種目は持ち味の粘りが生かせる3000メートル。高校まで高2で出場の群馬国体7位が最高成績だったが、インカレ上位校の大東文化大でチームメートの背中を追う中で実力が開花した。年々自己ベスト記録を更新し、大学4年時のジャパンカップで1500メートル、3000メートルの2種目で年間総合優勝。「世界の舞台で戦える選手を」と就職し、スケートを続ける道を選んだ。

社会人になっても順調に自己記録を伸ばしているが、海外派遣に絡む競技会で結果が残せずに来ただけに、国体で2種目入賞し安どの表情。特に課題のスプリント力が求められる1500メートルで3位以内に入ったことは「やって来た練習に間違いなかった」。今後も三重県所属での活動を希望しており「ジュニア選手らに、リンクのあるなしに関わらず戦っていけることを示せたら」と話した。