南伊勢町 角度で違った表情に見える油絵 栗原さん個展 三重

【色彩豊かな油絵が並ぶ会場=南伊勢町五ケ所浦の伊勢現代美術館で】

【度会郡】三重県南伊勢町五ケ所浦の伊勢現代美術館で、愛知県の画家、栗原光さん(33)の絵画展「refrain(リフレイン)」が開かれている。3月28日まで。火、水曜日と18、25日、3月11日は休館。

長崎県生まれの栗原さんは、名古屋造形大学を卒業後も「いい絵が描きたい」との思いで作品制作に取り組んでいて、各地で個展やグループ展を開き、作品を発表している。

同展には、油絵の具に少量のアルミ粉を混ぜ、濃厚感や光沢感に加え角度を変えると違った表情に見えるように工夫した12点を出展。同じようなフォルムを繰り返し描く中で色の重なりや筆を運ぶ方向を意識し、関係性や距離感、リズム、一貫性を描く一方で二面性やジレンマなどを表現できないか試みたという。

栗原さんは「色彩や絵肌の表情など画面の物質としての美しさを感じていただければ」と話した。

入館料は一般700円、中高大学生500円、小学生以下無料。問い合わせは同館=電話0599(66)1138=へ。