小坂がスケートで県勢初優勝 冬季国体

スピードスケート成年女子1500㍍優勝の小坂凛(左端)と3位入賞の富田裕香=岐阜県恵那市で

第76回国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会は第4日の30日、愛知・岐阜両県でスケート3競技(スピード、フィギュア、ショートトラック)とアイスホッケーが行われた。岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場で開催のスピードスケートでは成年女子1500メートルを小坂凛(県スポーツ協会)が制しスケート競技で県勢初の優勝を果たした。

県勢はスピードスケートのほか、この日名古屋市の日本ガイシアリーナで開幕のショートトラックに登場した。

スピードスケートでは成年女子1500メートル決勝で優勝の小坂に加え、富田裕香(県スポーツ協会)が3位に入った。成年男子2000メートルリレー予選では森本拓也、坂本永吉、辻本一史、松井友汰(いずれも県スポーツ協会)の県チームが2組1着となり、1~4位を決める決勝へ進出。

成年男子1000メートル準決勝で辻本が1組4位、松井が2組2位になり、ともに決勝へ駒を進めた。