紀北町観光協会 特産紹介、町をPR オンラインショップ開設 三重

【紀北町観光協会の公式オンラインショップ「きほく市場」の画面】

【北牟婁郡】三重県の紀北町観光協会(同町東長島)は、商品を通して町をPRしようと、公式オンラインショップ「きほく市場」を開設した。

コロナ禍の中、町内の特産品などを販売する手段の一つとして、オンラインショップを導入する。現在は干物や旬の魚の刺し身、尾鷲ヒノキのトレーなど8業者11商品を登録し、各事業所の紹介や商品を作る工程、商品の特徴、調理方法を掲載している。

今後も掲載する事業者を増やしていく。町観光協会の担当者は「自慢の商品を紹介することで、自然の恩恵を受けた町を全国にPRしていきたい」と話した。