伊勢 厄払いの縁起物並ぶ おかげ横丁で節分の市 三重

【イワシを焼いた「厄除けいわし」を販売する屋台=伊勢市宇治中之切町のおかげ横丁で】

【伊勢】三重県伊勢市の伊勢神宮内宮前のおかげ横丁で、恒例の「節分の市」が開かれている。2月2日まで。

豆まき用の節分豆やイワシを焼いた厄除けいわしなど、厄払いの縁起物をそろえた屋台が並ぶ。飲食店9店舗では、恵方巻きやイワシを使った料理など節分限定メニューを提供。30、31日は、張り子の鬼の面の絵付け体験(各日15面限定、参加費2200円)もある。

新型コロナウイルス感染症対策で、毎年実施している豆まき行事などは中止した。2月2日の節分の日は、横丁内の店舗の店先に、ヒイラギとイワシでつくったお守り「厄除けいわし(柊鰯(ひいらぎいわし))」を飾って、邪鬼払いや無病息災を願う。

問い合わせは同横丁=電話0596(23)8838=へ。