飯高の風景画15点 松阪の波瀬駅 森アートサークルの7人 三重

【森アートサークルの絵画作品展=松阪市飯高町波瀬の波瀬駅で】

【松阪】三重県松阪市飯高町で活動している「森アートサークル」(上田了代表)はこのほど、松阪市飯高町波瀬の観光案内所「波瀬駅」で絵画作品展を始めた。観覧無料。会期は3月23日まで。水曜休館。

同会は同町森の飯高保健センターを拠点に週1回活動。作品展には会員7人が飯高の風景を描いた15点を出品している。

上田代表の「沈下橋」をはじめ、地元の名刹(めいさつ)「泰運寺」や、同町蓮の渓谷「宮ノ谷」など景勝地を描いている。また同町森の山頂部の形に特徴がある「飯盛山」や、他府県境上の山を除けば県内最高峰の「初夏の檜塚」が山岳美を捉えている。