コロナ経済対策を要望 津商議所が予算編成向け市に 三重

【津市役所で、前葉市長(右)に提案・要望書を手渡す伊藤会頭(津商工会議所提供)】

【津】三重県の津商工会議所は26日、新年度の当初予算編成に向けて、提案・要望書を津市に提出した。新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者への支援や中心市街地の活性化など26項目を要望した。

提案・要望書では、新型コロナの経済対策として、業種を限定しない補助金の創設やプレミアム商品券の再発行を要望。休業中の都シティ津が入る津センターパレスで、ホテル業の早期再開への尽力も求めた。

同会議所は例年、市幹部らとの懇談会を開いて市に提案・要望書を提出していたが、今年は新型コロナの感染拡大を受けて懇談会を中止。代わりに同会議所の幹部らが市役所を訪れ、提案・要望書を提出した。

市役所で、伊藤歳恭会頭が前葉泰幸市長に提案・要望書を手渡した。市によると、前葉市長はタイミングや国の補正予算額を踏まえて、新型コロナの経済対策を進める考えを示したという。