伊勢シーパラ 人気セイウチ妊娠  順調に成長、6月頃出産へ 三重

【妊娠11カ月のヒマワリのエコー検査。赤ちゃんも順調に育っている=伊勢市二見町江の伊勢シーパラダイスで】

【伊勢】三重県伊勢市二見町江の水族館「伊勢シーパラダイス」の人気者のセイウチ「ヒマワリ」(雌、推定20歳)が妊娠し、おなかの中の赤ちゃんも順調に育っていることが確認された。セイウチの妊娠期間は約15カ月で、現在は妊娠11カ月。6月頃に出産予定という。

ヒマワリは、繁殖目的で動物の貸し借りを行う「ブリーディングローン」を活用して昨年2月14日から愛知県の南知多ビーチランドに嫁入りし、ペアリング相手の「キック」(雄、23歳)と同居していた。

3月下旬に同館に戻った後は継続して血液検査を行い、妊娠の兆候が見られたことから12月下旬にエコー検査をして胎児を確認。ヒマワリの体調が安定したため妊娠を公表した。

現在は体調に考慮し、大きな動きを抑えながら無理のない範囲でショーに参加している。エコー検査は週2―3回行われ、24日の検査でも赤ちゃんが元気に成長していることが分かった。

田村龍太館長(44)は「妊娠が分かって非常にうれしいがヒマワリにとって初めての出産なので不安もある。とにかく無事に生まれてほしい」と話していた。