過去最多、新たに54人感染 新型ウイルス三重県内、90代の2人死亡

三重県は22日、10歳未満―90代までの男女計54人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者としては過去最多。県内の感染者は延べ1936人となった。

また、県は新型コロナに感染して県内の医療機関に入院していた90代の男女2人が21日に死亡したと発表。共に入院当初は重症でなく、その後に容体が悪化した。県内感染者の死者は27人となった。

県によると、新規感染者は、鈴鹿市で33人、四日市市、伊賀市、伊勢市で4人ずつ、津市で3人、亀山市で2人、桑名市、東員町、鳥羽市、志摩市で1人ずつ。このうち9人の感染経路が分かっていない。

鈴鹿中央総合病院(鈴鹿市安塚町)では、職員や入院患者ら37人の感染が判明。既に退院した患者や清掃作業の従事者も含まれる。うち看護師1人の感染が20日に判明し、院内で検査を進めていた。

県は22日、この病院を33例目のクラスター(感染者集団)と認定。ほとんどの感染者が整形外科での勤務や入院。院内の253人に実施した検査の結果は37人を除いて陰性となっている。

同じくクラスターの発生が確認されていた「東洋エアゾール工業」の三重工場(伊賀市ゆめが丘7丁目)では、新たに従業員2人の感染が判明。この会社で判明した感染者は25人となった。

鈴木英敬知事は記者会見で「感染状況の瀬戸際は続いている」とし、緊急警戒宣言で要請している対策の徹底を呼び掛けた。特に休憩時をはじめとする「居場所の切り替わり」に注意するよう求めた。

鈴鹿中央総合病院で多数の感染者が同時に判明した理由については「感染の予兆があってから検査が判明するまでの間に時間があった可能性も考えられる」と分析。「速やかに調査したい」と語った。