伊勢市長が電話出演へ 法務省主催の番組、YouTube配信 再犯防止テーマ 三重

【伊勢】三重県の鈴木健一伊勢市長は21日の定例会見で、動画配信サイトYouTubeで23日午後2時から配信される法務省主催の番組「YouTubeライブ再犯防止ってなに?誰ひとり取り残さないまち、そこでは」に電話で出演することを明らかにした。

番組では全国自治体での再犯防止に向けた取り組みを紹介。フリーアナウンサーの山本舞衣子さんをコーディネーターに、タレントのトラウデン直美さんなどがコメンテーターとして出演予定で、鈴木市長は各自治体の取り組みへの感想や市が実施する取り組みなどを電話で語る予定という。

鈴木市長は平成23年から県防犯協会連合会長としても活動。矯正施設として全国に4カ所しかない医療少年院の一つである宮川医療少年院を市内に抱える点や、新年度からの施行に向けて再犯防止推進計画を現在策定していることから出演に至ったとしている。

鈴木市長は出演について「触法の背景は生い立ちや家庭環境など人それぞれだが、福祉が拠り所。触法せず生きていく環境をどう構築していくか考えるきっかけとしたい」と話した。