新型ウイルス 変異種確認を依頼 県内感染者3人分 国立研究所に 三重

三重県は21日に発表した新型コロナウイルス感染者のうち3人について、新型コロナの変異種による感染かどうかの確認を国立感染症研究所(東京)に依頼したと明らかにした。

県によると、確認を依頼したのは鈴鹿市と志摩市の20代男性3人。静岡県から帰省した友人と共に飲食し、濃厚接触者として19日に検査を受けたところ陽性と判明した。

県は英国で流行する新型コロナの変異種による感染者が静岡県内で確認されていることから依頼を決めたという。3人の検体を研究所に送付し、早急に調査するよう求めている。

県は「静岡県の友人が帰省した時期などを踏まえて今回のケースが変異種である可能性はないと考えているが、万が一の事態を想定して確認を依頼することにした」としている。