交番に消火剤噴射容疑 四日市西署、16歳2人逮捕 三重

【三重郡】盗んだ消火器でパトカーや交番の敷地に消火剤を噴射したとして、三重県の四日市西署は20日、窃盗と威力業務妨害の疑いで、いずれも16歳の津市、とび職少年と四日市市、派遣社員の少年を逮捕した。

2人の逮捕容疑は、既に別の事件で逮捕されている少年と共謀し、令和元年12月7日午後5時50分ごろ、菰野町菰野のアパートで消火器1本(時価9千円相当)を盗み、近くにある同署菰野交番で、駐車中のパトカーなどに消火剤を噴射した疑い。いずれも容疑を認めている。

同署によると、当時交番は無人でパトカーに署員は乗っていなかった。防犯カメラの映像などから容疑が浮上した。