「思った以上に簡単」 写真家・浅田さん「e-Tax」体験 自宅で手続き、活用PR 三重

【タブレットを操作する浅田さん=津市役所で】

【津】確定申告の受け付けが2月16日に始まるのを前に、三重県津市出身の写真家・浅田政志さん(41)と前葉泰幸津市長が18日、タブレット端末で国税電子申告・納税システム「e-Tax」を体験した。各税務署は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、自宅から申告できるe-Taxの活用を呼び掛けている。

浅田さんと前葉市長は市役所でタブレット端末を操作。津税務署の職員に教えてもらいながら、必要な情報を入力し、雑所得やふるさと納税の控除を申請する手続きを行った。

浅田さんは「思った以上に簡単だった。空いた時間に好きな場所で申請できるのでもっと広がるのではないか」と話した。前葉市長は「確定申告もリモートでできるのでチャレンジしてほしい」と呼び掛けた。

所得税の確定申告は2月16日―3月15日まで。今年は確定申告会場の混雑を避けるため、無料通信アプリ「LINE」の国税庁のアカウントで入場整理券を事前に発行できるようになった。