春中ハンド三重県予選 朝明が男女V 女子は3連覇

【男子決勝 延長後半、フリースローから決勝点を挙げた朝明・宮田=四日市市霞ケ浦体育館で】

第47回三重県中学校ハンドボール選手権新人大会(県ハンドボール協会主催、伊勢新聞社後援)は最終日の17日、四日市市羽津甲の霞ケ浦体育館で男女決勝があり、男女とも朝明が制した。

3月に富山県で開催予定の第16回春の全国中学生ハンドボール選手権大会(春中ハンド)県予選を兼ねて実施し、男女優勝チームが出場資格を獲得する。男子・朝明は2年ぶり、女子・朝明は3年連続で春中切符をつかんだ。

決勝で男子・朝明は延長戦の末に菰野を24―23で下した。女子・朝明は四日市市立南を16―12で退けた。

県大会は中学2年生以下で編成する男子15チーム、女子14チームがエントリーして今月10日にトーナメント形式で開幕。新型コロナウイルス感染症対策のため全試合無観客。開・閉会式も行わなかった。