一足早い春、寒緋桜が開花 中電尾鷲三田工事所の庭園 三重

【咲き始めた寒緋桜=尾鷲市国市松泉町の中部電力尾鷲三田工事所で】

【尾鷲】三重県尾鷲市国市松泉町の中部電力尾鷲三田工事所の庭園に植えられている早咲きのサクラ「寒緋桜」が咲き始めた。

担当者によると、年明けに開花した。現在は三分咲きで、ピンク色の花を咲かせている。近年、開花が早くなっており、2月に入ると満開になり同月中旬ごろまで楽しめるという。

尾鷲三田工事所の敷地には、8種類約180本のサクラの木が植えてある。3月になるとソメイヨシノやヤマザクラが咲き始める。

庭園は無料で開放されており、担当者は「気軽に足を運んでもらい、一足早い春を感じてもらいたい」と話している。