無病息災、コロナ収束願う 尾鷲神社でどんど焼き神事 三重

【尾鷲神社のどんど焼き神事=尾鷲市北浦町で】

【尾鷲】正月のしめ飾りや古いお札などをたき上げて1年の無病息災を願う「どんど焼き神事」が15日、三重県尾鷲市北浦町の尾鷲神社であり、正月飾りなどを手にした参拝者らが次々と訪れた。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今回は焼き餅と甘酒の振る舞いは中止した。

同市の玉置淑己さんは「商売をしているので、景気が良くなってほしい」と願っていた。

加藤守朗宮司は「新型コロナが収まり、みなさんが笑顔でお参りできる日常が戻ってくることを願う」と話した。