新型ウイルス 新たに28人が感染 四日市の50代男性死亡 三重

三重県は14日、未就学児から90代までの男女計28人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。尾鷲市役所で勤務する市職員の感染も判明。県内の感染者は延べ1672人となった。

また、四日市市は新型コロナウイルスに感染して県内の医療機関に入院していた市内の50代男性が13日に死亡したと発表。入院当初は軽症だったが、重症化した。県内感染者の死者は23人となった。

県によると、新規感染者は四日市市、伊賀市、名張市で4人、津市で3人、桑名市、亀山市で2人、いなべ市、川越町、菰野町、松阪市、伊勢市、尾鷲市で1人。県外在住者3人の感染も判明した。12人の感染経路が分かっていない。

尾鷲市役所で勤務する30代の男性は6日から症状があり、12日に発熱。13日の検査で陽性と判明した。7日まで出勤したといい、県は同居家族2人と職場の同僚3人を濃厚接触者として検査する。

伊賀市の60代女性と男子小学生、津市の50代女性と女子中学生は、食事会に同席した感染者の濃厚接触者として検査を受けたところ陽性と判明。食事会は親族ら同士で今月上旬に開かれていたという。

このほか、12日に50代女性看護師の感染が判明していた県内の医療機関では、同僚に当たる50代女性医療事務職員の感染が新たに判明。他の職員らに実施していた検査の結果は陰性だったという。