新型ウイルス 新たに25人感染 会食クラスターも 三重

三重県は12日、未就学児から70代までの男女計25人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。友人間の会食によるクラスター(感染者集団)も発生。県内の感染者は延べ1611人となった。

県によると、新たに判明した感染者は津市で5人、伊賀市で4人、いなべ市と鈴鹿市で各3人、四日市市で2人、桑名市、伊勢市、名張市、川越町、東員町、玉城町で各1人。県外在住者2人の感染も判明した。

このうち津市の30代男性会社員は先月30日、友人ら9人で会食をした。この会食に参加した感染者は5人となり、県は27例目のクラスターと認定。会食は県内の飲食店で約2時間にわたって開かれた。

クラスターが発生した伊勢市の介護施設「正邦苑城田」では、40代女性職員2人の感染が新たに判明。この施設での感染者は13人となった。県は検査結果が陰性だった職員や入所者の健康観察を続ける。

県内の歯科医院に勤務する桑名市の30代女性事務職員と東員町の30代女性歯科衛生士は、9日に感染が判明した40代男性歯科医の濃厚接触者に特定されていた。この医院の感染者は3人となった。

既に看護師2人の感染が判明している津市内の病院でも、新たに60代女性看護師の感染が判明。3人は同じ外来で勤務していたという。職員らに実施した検査の結果は、この3人を除いて陰性だった。