春中ハンド県予選 菰野、四日市南が4強 朝明、亀山も 三重

【羽津―四日市南 男子準々決勝でシュートを放つ四日市南・森=AGF鈴鹿体育館で】

第47回三重県中学校ハンドボール選手権新人大会(県ハンドボール協会主催、伊勢新聞社後援)は第2日の11日、AGF鈴鹿体育館で男子1回戦から準々決勝まであり、菰野、四日市市立南、朝明、亀山が4強入りを決めた。

6年ぶりの優勝がかかる菰野は前年度優勝の天栄を30―9で退けてベスト4入り。亀山は準々決勝で4年ぶりの優勝を目指した笹川を32―22で下した。2年ぶりの頂点を目指す朝明は40―19で桔梗が丘に勝って4強進出。1点を争う緊迫の試合になった四日市南―羽津は、四日市南が17―16で競り勝った。

男女準決勝各2試合は16日、四日市市の霞ケ浦体育館である。新型コロナウイルスの感染拡大予防のため無観客で行われる。