熊野PRしたい お笑いコンビ「ニューヨーク」屋敷裕政さん 2年ぶり帰郷 三重

【お笑いコンビ「ニューヨーク」の屋敷さんと母親のゆかさん=熊野市久生屋町で】

【熊野】三重県熊野市井戸町出身で、吉本興業所属のお笑いコンビ「ニューヨーク」として活躍する屋敷裕政さん(34)が7―8日の両日、仕事で約2年ぶりに帰郷し、市内を巡った。いずれも昨年あった、コントの日本一を決める「キングオブコント(KOC)」で準優勝、漫才の日本一を決める「M―1グランプリ」で決勝に進出するなど、勢いに乗っている。屋敷さんは「もっと活躍して熊野をPRしていければ」と意気込みを話した。

同市木本町の県立木本高校、同志社大を卒業。制作会社勤務を経て、吉本総合芸能学院(NSC)へ入った。

昨年を振り返り「コロナで自粛期間中にユーチューブを見て興味を持ってくれる方が多く、うまく追い風にできた」と話した。

M―1とKOCについては「M―1は優勝したかった。KOCはあと少しで優勝できたので悔しいが、たくさんいる中から準優勝させてもらえてラッキーという気持ちもある。優勝は意識するが、伸び伸びやっていきたい」と語った。

久々に鬼ケ城や花の窟神社などを訪れ「観光客向けにいろいろな取り組みをしていて感動した」、「地元の同級生が市役所や商工会議所に勤めて熊野のPRを頑張っている。僕は地元を離れて好きなことをさせてもらっているので、地元のために何かできれば」と話した。

母親のゆかさん(67)とも久々に再会した。ゆかさんは、いつもはハグで出迎えるというが、今回は腕と腕を合わせて再会を喜んだ。「体を壊さないか心配もしているが活躍はうれしい」と言い、故郷を離れて頑張る姿を見守っている。

屋敷さんは「もっと有名になってニューヨークの屋敷の地元ってどんなところなんやろと興味を持ってもらいたい」と力を込める。「コロナで大変な状況が続くが、少しでもテレビに出て熊野の子やと喜んでもらえたら。コロナが収まったら、たくさんの人に熊野に来てもらえるように頑張っていきたい」。