春中ハンド三重県予選が開幕 女子の朝明、羽津、四日市市立南、菰野勝つ

【ゴール前での攻防を見せる大木、菰野の選手ら=AGF鈴鹿体育館で】

第47回三重県中学校ハンドボール選手権新人大会(県ハンドボール協会主催、伊勢新聞社後援)が10日、AGF鈴鹿体育館で開幕した。3月に富山県氷見市で開催予定の第16回春の全国中学生ハンドボール選手権大会(春中ハンド)の県予選を兼ねて17日まで開き、中2以下で編成する男子15チーム、女子14チームがトーナメント形式で対戦する。

新型コロナウイルス感染拡大防止のためすべて無観客試合。開・閉会式を実施せず、ベスト4が出そろうまで男女別日程で行う。10日は女子1回戦から準々決勝まで行い、前年度優勝の朝明のほか、羽津、四日市市立南、菰野が勝ち残った。11日は男子1回戦から準々決勝までを予定している。