新型ウイルス最多49人感染 愛知、岐阜に緊急事態宣言なら三重県も独自警戒へ

【成人式前後の懇親会に注意を呼び掛ける鈴木知事=県庁で】

三重県は9日、未就学児から90代までの男女計49人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。2日連続で過去最多を更新。県内の感染者は延べ1520人となった。鈴木英敬知事は9日の記者会見で、愛知、岐阜両県に緊急事態宣言が発令されれば、県も独自の警戒宣言を出す考えを示した。

また、県は新型コロナに感染して県内の医療機関に入院していた90代の女性が8日に死亡したと発表。入院当初は重症ではなかったが、症状が悪化したという。県内感染者の死者は22人となった。

県によると、9日に発表された新規感染者は市町別で桑名市の14人が最も多く、鈴鹿市の7人、松阪市の6人、津市、四日市市、伊勢市の4人が続いた。14人の感染経路が分かっていない。

このうち桑名市に住む未就学児から50代までの男女6人は、7日に感染が判明した30代男性会社員の同居家族で濃厚接触者に特定されていた。この家族宅を年末年始に訪れた親族の感染も判明している。

同じく桑名市に住む50代女性会社員と70代の女性は、県外から女性らの自宅に帰省した後に感染が判明していた20代男子学生の家族。女性らの自宅では1日、親族ら10人での会食があったという。

また、クラスター(感染者集団)が発生した県立白子高(鈴鹿市)の運動部では、新たに男子生徒1人の感染が判明。この運動部で判明した感染者は8人となった。残る部員や顧問の検査結果は陰性だった。

このほか、県内の介護施設で勤務する伊勢市の50代男性は4日に発熱し、6日に受けた検査で陽性と判明。4日まで出勤していたといい、県は施設の職員や入所者ら27人の検査を進めている。

鈴木知事は会見で「この1週間で最多をたびたび更新する大変に厳しい状況。爆発的な感染拡大を食い止めるため、まさに今が瀬戸際。今後の状況によっては強い措置をお願いすることになる」と述べた。

「強い措置」は、夜間の外出自粛や店舗への営業時短要請などが想定されると説明。愛知、岐阜両県に緊急事態宣言が出された場合は「独自の警戒宣言を発出し、3県で面的に対策を講じる」と語った。

また、連休中に県内の21市町で成人式が予定されているとし、式の前後では大人数や長時間の懇親会を避けるよう改めて要請。「状況が落ち着いた際に、ゆっくりと語り合ってほしい」と呼び掛けた。