春高バレー 男子・松阪工2回戦へ 女子・津商は初戦惜敗 三重

バレーボールの第73回全日本高校選手権(春高バレー)は5日、東京都渋谷区の東京体育館で開幕した。初日は男女1回戦が行われ、三重県勢は男子・松阪工が初戦をストレート勝ちしたが、女子・津商はフルセットの末敗れた。

6年連続38回目の男子・松阪工は、美里工(沖縄)=18年ぶり12回目=を25―19、25―19で下して5年連続で初戦を突破した。6日の2回戦で、身長210センチの牧大晃を擁する高松工芸(香川)=3年ぶり22回目=と対戦する。

4年ぶり17回目の女子・津商は、広島桜が丘=2年連続3回目=に23―25、25―22、17―25のセットカウント1―2で惜敗した。