島ら8人が入団内定 バレーV2のヴィアティン三重

【入団会見に臨んだ内定選手ら=2020年12月、四日市市内で(ヴィアティン三重提供)】

バレーボールのVリーグ男子2部のヴィアティン三重(事務局・桑名市)はこのほど、皇學館高校出身で明治大4年のアウトサイドヒッター島波輝ら内定選手8人を発表した。

全員が今春大学を卒業予定の4年生。東京学芸大4年のアウトサイドヒッター、吉田裕亮=神奈川県出身、福山平成大4年のアウトサイドヒッター、三好佳介=香川県出身=はユニバーシアード男子候補選手に名を連ね、昨年2月の合宿にも参加した。

島は昨年12月9日に一足早くチーム登録し、同19日の四日市大会で内定選手としてVリーグデビュー。残る7選手も先月23日付けで登録を済ませている。

ヴィアティン三重の暫定順位は通算成績2勝6敗でVリーグ2部の11チーム中8位。次戦は今月9、10日の津大会で、津市久居総合体育館で9日に埼玉アザレア、10日につくばユナイテッドSunGAIAと対戦する。新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客試合での開催となる。

入団内定選手は次の皆さん(かっこ内は前所属チーム、主なポジション、身長、出身地)。

島波輝(明治大、OH、189センチ、滋賀県)▽春藤洸介(東海大、OP、185.1センチ、青森県)▽森垣拓真(順天堂大、S、185センチ、京都府)▽吉田裕亮(東京学芸大、OH、188センチ、神奈川県)▽福元浩太郎(福山平成大、S、180センチ、福岡県)▽鳥原大地(順天堂大、OH、178センチ、鹿児島県)▽松岡将希(福岡大、OH、180センチ、福岡県)▽三好佳介(福山平成大、OH、190センチ、香川県)