神村伊賀は初戦惜敗 全日本高校女子サッカー

サッカーの第29回全日本高校女子選手権大会は3日、兵庫県内で開幕し、1回戦16試合が行われた。初出場の神村学園高等部伊賀は聖和学園(宮城)に1―2で逆転負けし、ベスト16を前に惜敗した。

神村学園高等部伊賀は東海地区第3代表で創部3年目で全国初出場を果たした。29大会連続出場の聖和学園に対して前半16分、3年生MFの横路朱也香が先制点を奪うと、後半18分まで1点リードを維持したが同19分に同点ゴールを決められ、その1分後にゴール前のこぼれ球を押し込まれて逆転を許した。