百五とオリックス 太陽光発電で連携 金融機関で初 三重

【津】百五銀行(本店・三重県津市岩田)は29日、太陽光発電施設を第三者が所有する「PPAモデル」に関心のある事業者をオリックス(本社・東京)に紹介する契約を7日付で締結したと発表した。PPAモデルで同社と連携するのは全国の金融機関で初めて。

PPAモデルはスーパーや工場の屋根などを第三者が借りて太陽光パネルを設置し、売電する仕組み。同社が電力の固定価格買い取り制度(FIT)の単価下落に対応するため、新たに軸足を移そうとしている。

このモデルでは、場所を提供する事業者に設置費用がかからない。太陽光発電は二酸化炭素(CO2)を排出しないため、事業者側は初期投資をせずに脱酸素社会に向けて取り組む姿勢を示すことができる。

契約に基づき、同行はPPAモデルに関心のある事業者をオリックスに紹介。同社が事業者の所有する施設に太陽光パネルを設置して電力を供給する。事業者は消費電力に応じて同社に料金を支払う。

同行コンサルティング課は「PPAモデルを事業者に紹介することで、国などが推進するSDGs(持続可能な開発目標)の達成や脱炭素社会の実現に向けた企業の取り組みを支援したい」としている。