サッカー・なでしこリーグ 伊賀の畑中、道上ら7人退団 三重

女子サッカー・なでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一三重は28日、DF畑中美友香(24)、FW山嵜菜央(24)、FW道上彩花(26)、FW竹島加奈子(24)、MF安齋結花(24)、DF清水あかね(27)、GK河邊花観(27)の退団を発表した。

女子サッカーでは来年9月プロリーグのWEリーグが始まるが、伊賀は初年度の参入が見送られ、来季もなでしこリーグ1部で戦うことが決まっている。

退団が発表された7人中唯一今季フル出場を果たしている畑中は在籍6年目。高校時代に在籍したスペランツァFC大阪高槻を、高校卒業後退団し、伊賀に移籍した。

2019年にINAC神戸から移籍した道上とともに今季チーム副主将を務めた。畑中は来季、WEリーグ参入のノジマステラ神奈川相模原への移籍が決まっている。

WEリーグ参入チームへの移籍では、安齋のジェフユナイテッド市原・千葉レディース入りも決まった。山嵜はオルカ鴨川FC、竹島はスフィーダ世田谷FC、清水はNGUラブリッジ名古屋の、いずれも来季なでしこリーグ1部チームへの移籍が決まったことも発表された。