コロナ対応、来年はウィズからアフター 松阪市が仕事納め 三重

【仕事納めで訓示する竹上市長(右)=松阪市役所で】

【松阪】三重県の竹上真人松阪市長は仕事納めの28日、市役所で終業式を開き、「来年はウィズコロナからアフターコロナに大きく踏み出していく1年になると感じている。ともに頑張ることで時代を切り開いていこう」と呼び掛けた。

新型コロナウイルス感染予防のため出席は次長級以上に限り、約50人が参加した。

竹上市長は「コロナに対応してきた1年であり、いかにしたら市民サービスを提供できるか問うた、問われた1年だった。書かない窓口を秋から始めることができ、接触を避ける思わぬ効果が出た」と語った。

「市職員アワード グッドパフォーマンス部門」の表彰式も開催し、竹上市長が受賞者の職場に行って表彰状を渡した。部局長が推薦する取り組みから市長と副市長が特に認めた13件を表彰した。