三重県野球協議会が設立 代表兼理事長に市岡氏

【三重県野球協議会代表兼理事長に就任した市岡氏=津市内で】

軟式・硬式問わず県内の野球関連団体でつくる「県野球協議会」の設立総会が26日、津市一身田上津部田の県総合文化センターで開かれ、代表兼理事長に四日市大硬式野球部総監督で東海地区大学野球連盟理事長の市岡三年氏が選ばれた。

日本野球連盟(JABA)三重県野球連盟▽県軟式野球連盟(少年の部も)▽県高校野球連盟▽東海地区大学野球連盟三重県リーグ▽日本リトルシニア中学校硬式野球協会三重県支部▽日本少年野球連盟三重県支部▽日本リトルリーグ野球協会三重ブロック▽全日本少年硬式野球連盟東海支部▽全日本女子軟式野球連盟東海連盟―の各団体。県スポーツ少年団も正会員に名を連ねている。

強化育成▽普及振興▽審判―の3つの部会を置き、ティーボール教室、野球教室などの競技普及活動、選手・指導者のレベルアップ、審判員や記録員、場内アナウンスなどの養成などに協力して取り組む。

設立の背景には少子化による野球人口の減少があるという。市岡代表兼理事長は「各団体がそれぞれやって来た事業を一本化して野球の活性化につなげたい」と話した。

市岡氏以外のおもな役員は次の皆さん。

副代表兼副理事長 柴原高雄(県高野連監事)▽副理事長 前田和夫(県軟野連理事長)▽常任理事 伊藤志伸(JABA三重県野球連盟理事)伊藤安(東海地区大学野球連盟三重県リーグ審判部長)森本進(同リーグ理事)鵜飼治(県高野連専務理事)▽事務局長 北畑達也(JABA三重県野球連盟専務理事)