<歳末点描>境内清掃して迎春準備 亀山の川俣神社

【境内を清掃する氏子ら=亀山市加太板屋の川俣神社で】

○…亀山市加太板屋の川俣神社(中村嘉孝宮司)の氏子ら30人は26日早朝、同神社の清掃をして迎春の準備を行った。

○…氏子らと一緒に中村宮司も参加し、サライやホウキを手に持ち、境内や本殿、社務所の屋根の落ち葉や小枝などを取り除いた。

○…中村宮司は「皆さんの協力で、年越し参りや初詣に訪れる人らが、気持ちよくお参りしていただけます」とし、「コロナ禍の中、感染防止対策として密集、密接を避けて、マスクを着用してお参りを」と話していた。

○…同神社では例年、年越し参りをする人におでんを振る舞っているが、今年は中止し、かがり火だけにするという。(亀山)